虹の橋を渡って旅立って行った犬たちに捧げる詩 (1)

あなたとずぅっと一緒に暮らせると思っていた
あなたとずうっと一緒に暮らせる気がしていた
でもそうでないことも知っていた
あなたはどんどん年をとっていく・・・
でも何だかいつまでも一緒に暮らせるかもしれないと思っていた

やっぱり別れは突然きた
あなたは静かに横になってたけど
優しい風が窓から吹いてきたら
すうっとお外に出ていってしまった
まってぇ~、

虹の橋を渡って旅立って行った犬たちに捧げる詩 (2)

あなたはもう二度と家に入って来ないのよね
私の涙が流れ続けている間は
あなたは家の周りにいるのね
緑の葉っぱの間から家の中をのぞいていたり
雲の上で寝転んで漂っていたり

私の涙が出なくなって
可愛かったあなたを思い出して微笑むことができるようになると
あなたは本当に虹の橋を渡ります
私はいつもあなたとの楽しかった日々に感謝して
毎日を過ごしているけど
ふいに涙がどっと出て泣くことがあるの
それはあなたが舞い降りて来て
木の枝に座って私の側に来ている時なの

有難う愛しい犬たち - おしまい -

A poem dedicated to the dogs who traveled across the rainbow bridge (1)

I believed I could live with you forever
I felt that we could live together forever
But I knew that wouldn't last forever
You got older every day...
But I wanted to believe that we could live together forever

Farewell came suddenly after all
You were sleeping peacefully next to me
When I felt a gentle wind blew
You departed through the window with it
I said, "Please don't..."

A poem dedicated to the dogs who traveled across the rainbow bridge (2)

Now you are not going to come back to our home ever again
I know while am crying
You are won't leave our house
I know you are looking at us through the green leaves
And I know you are floating in and rolling over the clouds

I will not cry
If I smile when I think of your lovely face and our time together
I know you can finally go over the rainbow bridge
I always appreciate our fun time together
And my time goes on
But once in a while tears rolls down my face
Then I know you came down
Sitting in a tree near me

Thank you my beloved dogs - The end -


DogTrainingClub ESPACE Since1990 | Policy
All rights are reserved 1990-2015 by DogTrainingClub ESPACE Since1990